全身脱毛する為に貯金しています

子供のころから、剛毛で、クラスの男の子に嫌味を言われてきました。

母親に言っても「毛が濃い人は心が優しい。」という意味不明の慰めにもなっていない言葉が出てくるだけでした。わたし達が小学生のころは、エステサロンとかなく、しょうがないから、母親に気づかれないように、ハサミでチョキチョキとムダ毛を切っていました。

中学生になったら、みずからかみそりを買い、お風呂で剃って、或いは、除毛剤とかでムダ毛を取り除いていました。

ところが、生まれつきアトピー体質であったので、肌は、炎症を起こし、皮膚科に通い続けるという悲惨な状況でした。肌が敏感なんだから、T字剃刀で剃るのは駄目、脱毛剤などは、お肌に悪影響だから、使ってはいけないと何度も注意されたのですが、なんてったって思春期でしたので、止めるという訳にはいきませんでした。

ムダ毛の薄い友達がうらやましくてどうしようもなかったです。毛が多いため、何事にも積極的になれなかったように思います。

就職をしてから、徐々に脱毛エステや医療レーザー脱毛という言葉を聞くようになり、少ないお給料でしたが、お金を借りて、レーザー方式の脱毛を契約したのです。当時、両方の脇で二十万円ほどかかりました。しかしながら、一年間通い続けたら、うそみたいに脇毛が無くなったのです。

それからは、とりあえず、見えるところだけエステサロンにて処理して、現在は、むだ毛の手入れが不要になってきました。近頃は、からだ全体の脱毛に向けて、地道に貯金しているところです。