無駄毛処理して気持ちが上下しているわたし

「無駄毛処理して気持ちが上下しているわたしがかわいいわ」と思うことが時々あります。私もけっしてうら若い年齢ではないし、充分に年を取ってきていますが、そんな大人女性のわたしでも未だにむだ毛のお手入れをしている最中に喜んだり悲しんだりしてるのです。

例を言えと眉を整えるため刺抜きで引き抜いていて、痛みも無くスッスッとスムーズにマユ毛のお手入れが済むと、もうそれだけで「今日のムダ毛の手入れは痛くなかった!」と嬉しくなってしまうのです。みんなからよく「単純すぎるよ」とか言われています。でも、わたしとしてはたったこれだけのことでも無駄毛のお手入れが上手くできることはうれしいことなのです。単純な性格と言われようと何と言われたって、何気なく言葉が出て喜んでしまうのだからしかたがないのです。

眉を整えるのはマメにやっているので、やっぱりムダ毛処理は痛くないことが好ましいと思います。この先もしょっちゅう眉毛のムダ毛処理を行っていきますが、痛い時には「痛いよぉ!」と文句を言い、痛くなく済んだ日には年も忘れてはしゃぐんだと思います。